FC2ブログ

すふろーぐ

『すふらんのdialog』 ここは来てくださる皆さんと私の大切な出会いの場所 新田先生の作品『春を抱いていた』を中心に BL作品・声優さん・個人的趣味を綴っています

Entries

未発表駄文掲載その2



今日は先日予告しました、昔書いて世に出さなかったSSを掲載したいと思います。
毎度取るに足らない駄文を載せましてすみませんです(∵)ゞ
でも、せっかく書いたんだから世に出したい。こんな冬の時代でなければ…じゃなくてf(^_^; 冬の期間だからこそ。
思い込みのドール(笑)でも何でもいい…私なんかのへたっぴなSSで申し訳ないけれど、皆さんが少しでも春抱きの香り?世界観?に触れ合える時間を提供できれば…なんて、非常におこがましい言い方で恐縮なのですが;;そんな風に思う気持ちは、ここをご覧になってくださる方々なら、きっと解ってくださると思いますv 私達のこの飢えた気持ちはどうしようもありませんから。少しでも自家発電の輪を拡げたいのです。
私の駄文から美味しい二人を妄想してくだされば、こんなに嬉しいことはありませんv

ちょうど2年前に書いた作品です。
当時、そのアニメに嵌っていらっしゃったお友達の某さんが、その曲のダビングをありがたくも送ってくださいましたv
そしていそいそと聴かせてもらった私に衝撃が走りました!
な、なんじゃこりゃ───っ!?! い、岩城さんにしか聴こえんぞ?! ヾ(≧▽≦*)〃と(爆)
大興奮をし、これは絶対自分で買わなきゃ!と、即行メイトにオリジ求めて買いに走りました(笑)(某さま…あの曲に出会えたのは全て某さまのおかげですvv ほんとにありがとうです!感謝です!!!*)^・^(*)
で、何十回も聴きまくった私は、その曲を春抱きお友達連に布教しまくりました(〃▽〃)
結果、あの曲の春抱き仲間の輪が一杯拡がりました(笑)
ええ、いまだに布教活動は続けています(* ̄m ̄*)

そう…これはある作品でブリザードなギャグを涼しげにのたまうキャラ(声モリモリ)のあの曲と春抱きを、思いっきり重ねてパロッたお話です。ふざけた奴でほんとスミマセン;;
当時ごく数人の方にしか公開しなかったもので(ふざけたパロのため自粛していました)本日ここに初めてupさせていただきます。
純粋にあちらのファンの方…こんな風にパロリましてすみませんm(_ _)m


もしよろしければ…駄文SSはつづきへどうぞ(*^。^*)/


拍手&拍手コメントありがとうございます!(*^。^*)
今日は拍手コメントへのお礼レスはこちらでm(_ _)m

>20日08:35のHさん

こんにちは!いつもありがとうございます(* ̄・  ̄*) 慰め(笑)ありがとうございます(^。^ゞ
娘に見せたら気持ち悪いと言われて少しショックを受けました(爆)でもいいんだいっ!
ええ、めげませんとも!( ̄^ ̄) 絵なんて描けない私が頑張っているのですもの。
メチャクチャけなされまくってもそれは平気ですから(笑)色っぺーだなんて仰っていただいて…何も出ませんが(笑)ありがとうございます!!!(〃▽〃)


>20日13:07のYさん

こんにちは!そんな、ごめんなさいだなんてとんでもない!_(._.)_ 見てくださるだけでとっても嬉しいですしありがたいです!!!m(_ _)m お疲れ様です!<お子様の受験
お言葉ありがとうござます(〃▽〃) あれは陰陽師を演じている岩城さんの設定なので(笑)やはり岩城さんのつもり。ププ(* ̄m ̄*) わざわざのコメ入れ直しサンクスです(^_-)☆
で、Yさんちも元捨て猫ちゃんなんですねv ライムもそうでした。はい!今は家族の一員v
ええ!口を開けば…読みたい!ですよね~~~!!! o(>。<)oo(>。<)o







毛色の変わった仕事を請けてしまった。
声優以外の人間を使って、アニメの吹き替えをするという、あれだ。
やはり、話題作りの為なのだろうか。
俺自身も仕事なんだからと、割り切ってその仕事を請けたわけだが、
それがいいのか悪いのかはまた別の話として、
俺の本心は………正直、恐れ多いと思っている。
俺達俳優の仕事と、声のみで勝負をかける声優業とでは、
似ているように見えて、その内容は明らかに違う。
正直、困ったものだと思った。

しかも、そのアニメの主要キャラ数人分のキャラソンというのを、
音楽と共にサントラに入れるという。
俺が担当したキャラも、その中に入っていた。
歌まで歌うのか……
俺は少し、気が重くなりそうだった。


             * * * * *


どうにか、アニメの吹き替えを無事に録り終えた俺。
アフレコというのは、想像していたよりはるかに難しい作業だった。
やはり、声の仕事は声優さん方に任せた方がいいんじゃないかと思った。

それからしばらくして、今度は歌だ。
軽い打ち合わせの後、いよいよ楽譜を手渡される段取りになった。
俺はそこで、担当の音楽ディレクターから、
曲を歌うにあたって、思わぬ“お願い”をされてしまった。


主人公の世話役である俺のキャラが、主人公に歌をせがまれ歌うのだが、
その時の歌、というコンセプトだった。
だから、歌詞の内容とキャラ本来の接点はあまり気にしないでいいという。
ただ、それがラブソングで、少しオーバーアクション気味に?
せがんだ主人公が、逆に恥ずかしがるくらいの甘さを出して欲しい。
という話だった。
歌手でもない俺には、それだけでも難しい注文なのに……

なのに、そこに用意されていたのは、なんと英語の歌だったのだ。
聞いたことのあるタイトル。
俺が歌うのは新しいキャラソンではなく、なぜか往年のラブソングだった。


「ごめんね、岩城くん。怒んないで聞いて欲しいんだけど。
 とりあえず、普段のキャラの感じとはちょっと違うんだけどさ、
 一応プロデューサーと先に決めといた曲のコンセプトとか、
 聞いてもらってたと思うけど、あれ、あんまり気にしてくれなくていいよ?
 俺に任された以上、勝手にやらせてもらうことになったから。
 でね、俺なりにこう、さ……
 ほんとのラブソングでいきたいんだよね。
 だからこの曲を選んだっていうか、岩城くん、いい声じゃない。
 せっかくこうやって岩城くんを使えるわけなんだからさ、
 俺は俺なりに、納得のいくようにこの曲を録らせてもらおうって思ってる。
 協力してくれると、ほんと嬉しんだけど……いいかな?」


いいもなにも…………
俺が?英語の歌を?
この往年のスタンダードでもあるこの曲を、
たかが、日本の一俳優である俺が歌うのか?
いい声って、そんな……………
声優の領域に踏み込んでいる。
それだけでも何だかおこがましいと感じているのに、
今度はマジに歌手の真似事だ。
俺はいささか複雑な心境でいただいた楽譜に視線を落とし、
その上に踊る英語の歌詞を、マジマジと見つめてしまった。

難しい…………な。
けれど、それ以上に、今は何でもやらせてもらいたい、頑張りたい。
求められている限り、応えたい。
そう思った。
だが─────ほんの短時間で気持ちを奮い立たせ、
了解の意を伝えるべく視線を上げた俺は、
それを待っていたかのように口を開いた彼の言葉に、
今度は大いに面食らった。


「それと、ね、岩城くん。
これ、香藤くんのこと、心のド真ん中において歌って欲しいんだけど、
ダメかな?」

「っ?……えっ?!」


だから………
“怒んないで聞いて欲しい”のか────


たぶん数秒間、俺は訝しげにデイレクターの顔を見つめてしまっていた。
面と向かって乞われたその内容に、俺は彼の真意を推し量りかねたのだ。
だが、俺の反応からそんな思いを察したディレクターは、
「いや、岩城くん違うんだよ!」と、盛大に手と頭を横振りつつ、
すぐに姿勢を正して俺に頭を下げた。

それから数十分間、彼はこの仕事へかける情熱を熱心に語ってくれた。
その結果、決して興味本位や、ふざけた考えでこの話をしたのではない、
ということが俺にもよく理解できた。
彼は本当に、俺の声を使って最高のラブソングを録りたいだけなのだと。


香藤の怒った顔と、蕩けそうな笑顔。
その両方が俺の脳裏に浮かんだ。


「はい、お話は解りました。
ご期待に添えるかどうかわかりませんが、
精一杯頑張らせていただきます。
よろしくお願いします」


              * * * * *


後日、サンプルCDが出来上がって、せがまれていた香藤に聴かせた。
一緒に聴くなんて恥ずかしいから、俺はリビングから退散していたのだが。
曲が流れている間は静かだったリビング。
その曲が終わるやいなや…

「い──わ──き──さん~っ!?!?!」

すごい声が2階の寝室の俺の耳にまで響いてきた。
直後、階段を駆け上る香藤の足音。

文句を言われて………
俺はまた、ひと晩ベッドから出してもらえなかった…………



お わ り

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://5hrdkclcxxspr18.blog25.fc2.com/tb.php/185-4f66b1f9

左サイドメニュー

プロフィール

すふらん

Author:すふらん
BLが、JUNEと呼ばれていた頃からのドップリこっち人間。
色んな作品に嵌ってきたけれど、今は新田先生の作品、
とりわけ春抱きが生活の中心。
好きな声優さんは一杯いますが、現在のマイブームはやはり森川さんや三木さん。
関俊さんは20年以上のファン。

画像は我が家の春抱きドール達♥

★すふろーぐ★2008.5.14開設

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ