『すふらんのdialog』 ここは来てくださる皆さんと私の大切な出会いの場所 新田先生の作品『春を抱いていた』を中心に BL作品・声優さん・個人的趣味を綴っています

  すふろーぐのナビゲーター   トップページ > 声優・BLCD・音楽・映画等お気に入り作品 > Follow Me!  

Follow Me!

2011 - 05/29 [Sun] - 20:26


5月はすふろーぐの3周年記念だったので、ここの更新をできるだけ頑張るぞ!と意気込んでやってきましたが、ん~どうでしょう?なかなか頑張った?私(笑)
今後もすふろーぐをどうぞよろしくお願いいたします♥

土曜日にダンナと一緒に観に行ってきました「フォロー・ミー」についてもう少し。
これはサントラCDのブックレットのコピーです。内容が少しわかるかしら?


 フォロー・ミー解説


その音楽はこんな感じ♪ユーチューブのを見つけたので載せておきます →

ここに出てくる、とにかく食べてばかりいる太めの男性は、この女性のご主人に浮気相手がいるのではないかと疑われ雇われた私立探偵(名優トポル)
彼女は決して浮気などをしていたわけではなく、ただ淋しくて…ロンドンの様々な場所を観光し、映画を観て、植物園を訪れて…
恋愛の真っ只中では、あんなにお互いが楽しく生きていると実感でき、お互いの持っていない部分を与え合えたのに、今はただ家に縛られているだけ。
窮屈なイギリス上流社会に放り込まれ、息がつまりそうで淋しかった彼女。

そんな彼女のあとを、十日間ずっと、ひと言の言葉も交わすことなく自分の後をついてきた白いコートの謎の男。
でも彼のまなざしは優しく、やがて二人は自然に心を通い合わせるようになります。
探偵自身も、彼女の孤独な心を理解することによって、自分が何のために生きているのかという目的を知るのです。
しかし、彼女の本当に欲しかったのは、ご主人とのお互いに与え合う愛。

紆余曲折の末、全てを理解した探偵は、ご主人にこう言います。
彼女を取り戻したいなら、彼女をまだ愛しているなら、十日間ひと言も喋らず、ただ彼女の行くところについて行って、彼女の指差すものを見なさい。
私のこの白いコートと帽子をかぶって…ポケットのマカロンは食べていいよ。と。

映画全般を通して、会話は少なめです。
ただこのジョン・バリーの音楽が、ver.を変えてずっと流れます。
観終わった時、このテーマ音楽が胸に染み込み、心がジ~ンとくるお話です。
私のボキャ貧な説明ではチンプンでしょうが;;だいたいそんな感じのお話です。

隣に座っておられた女性がね、何度もこぼれる涙をぬぐっておられて、実は私、こっそり泣いていたんですが(笑)ああ、泣いていいんだと少し安心しちゃいましたf(^_^;
遥か昔どこで観たかも覚えていないのに、この映画の内容と音楽が忘れられなかったんです。今回劇場で観れて、ほんとに嬉しかった。
ダンナの感想も「この映画、時代なんか関係なく、ずっと褪せへんええ内容やなぁ~」と…いい映画だったと気に入ってくれました。連れて行って良かったv

その後遅いランチ。
ビールやワインを呑みながら、美味しいイタリアンに舌鼓でおなかも一杯。
帰宅すると、母の暗い顔にまた気分が一気に落ちましたが、なるべく気持ち引きずられないように…
最近ではしょっちゅう両親の病院通い。顔を合わせば暗い顔を向けられる日々ですが、こんな風に楽しく出かけられているだけ、私は幸せなんでしょうね。
今日は予定したお出かけが、ダンナの会社関係の方の急なご不幸でとりやめになり残念でしたが、台風が一応ばらけてくれて良かったです。被害が広がりませんように…

…ん!!…明日からもストレスためないように頑張ります!(自分に言いきかせf(^_^;)



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://5hrdkclcxxspr18.blog25.fc2.com/tb.php/667-4fe009dc

 | HOME | 

プロフィール

すふらん

Author:すふらん
BLが、JUNEと呼ばれていた頃からのドップリこっち人間。
色んな作品に嵌ってきたけれど、今は新田先生の作品、
とりわけ春抱きが生活の中心。
好きな声優さんは一杯いますが、現在のマイブームはやはり森川さんや三木さん。
関俊さんは20年以上のファン。

画像は我が家の春抱きドール達♥

★すふろーぐ★2008.5.14開設

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

バナー

 直リンクはご遠慮下さいませ

All About Nitta Youka
新田祐克先生の公式サイト

QRコード

QRコード

ブログ内検索