感謝しています




あんな前記事に…たくさんの拍手やコメントをありがとうございましたm(_ _)m

コメントを入れてくださった

5日18時半過ぎのMoさん。18時45分くらいのMiさん。20時前のHさん。22時のI さん。23時半過ぎのNさん。
6日17時半前のYさん。
7日0時過ぎのRさん。

皆さんの温かい励ましのお言葉や、ご心配やお気遣いのお気持ち等々…時には涙ぐみながら何度もありがたく読ませていただきました。
心から感謝いたします。
申し訳ないのですが、今回個別のお返事は失礼させていただきます。。
ごめんなさい。
そして拍手を入れてくださった全ての皆さんに重ねて御礼を。
温かい皆さんの励ましのお心。本当にありがとうございました!!m(_ _)m




母の入院…
これまで何回入院したのか数えられないくらい何度も経験してきました。
でも今回は、母の排泄物にまみれたパジャマを持って帰り、まず風呂場で洗剤とブリーチ剤でごしごし。その後洗濯機へ…の繰り返し。こんな大変なことは初めてです。
なぜ毎回こんなになってしまうのか。どういう処置をされているのか疑問です。
ひどい時には一度にズボン4本も う○ちまみれでした。たまりません;;
(お食事どきの方には尾籠な話で申し訳ありませんm(_ _)m)


先日、母の病状について医師からお話があるということで呼ばれました。
骨折で入院したのですが、内科の先生からでした。
とても思いやりにあふれたお人柄で、母の病状説明のほかにも色々お話をしてくださり、私の思いもきっちりと受け止めてくださいました。
種々の検査の結果。母の状態があまり良くないという内容で、つまり…あまり遠くないであろうその日までの医療をどうするか。の相談でした。
この先生になら任せられると感じました。
話の途中、私ときたら また泣いてしまったのですが、穏やかにゆっくりと話してくださる医師との語らいのおかげで、気持ちが少し楽になりました。


日中誰もいない家の中、静まり返った両親の部屋で、まだまだ当分その日はやってこないでしょうが、母が自ら記した自分の葬式に連絡して欲しい人の名簿や、使って欲しい写真などを一応確認しました。
母はだいぶ前からそれらを用意し、私に置いてある場所を伝えていましたから。
…早く楽にさせてあげたい。
母はもう十分しんどい辛い目にあい、もういい加減望みをかなえてあげたい。
あまり呆けていないがゆえに、本人が余計辛いのは私が一番知っています。
でも…
ダンナにも「おまえはもう一生分親孝行してる。そやから自分を責めたらあかん」と言われるのですが…
でもね、鬱陶しいことばかり言われて腹がたっても、私の実の母なんですよ。
そんなに簡単に気持ちが割り切れるはずがありません。
だから、辛い。
でもこんな状態で長くいると、私自身がもたないということもわかっています。
考え過ぎないよう、極力気持ちを上向きにできるよう努力するつもりです。
何より穏やかな死を望んでいるのは母なのですから。


昨日も母の病院から直接父の施設へも行き、部屋にいた父に母の状況を伝えたのですが、亡くなった叔父のことは思い出せないくらいの父なのに、私に言うんです。
いつもの「家に帰られへんかな?」と聞かれてまた納得させてから…
「頑張れよ~!あんたが倒れたら大変や。気ぃつけてな~」て。
…たまらなくなってしまい、思わずその場でまたまた泣いてしまいました。
泣き虫は一生直りそうにありませんf(^_^;


こんな私のことを心配してくださる優しい方々へ、今日は現在の我が家と私の状況を少しお話させていただきました。
たくさんの励ましの拍手を本当にありがとうございますm(_ _)m
オフ会が終わった途端、こんな暗いブログになってしまいましたが、もう少しのあいだこのまま見守っていてやってください。
きっとまた楽しい記事を書きに出てきます。
状況は違っても、同じように辛い思いをしておられる皆さん。
なるべく前を向いて(自分に言い聞かせてます)共に元気出していきましょうね。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すふらん

Author:すふらん
BLが、JUNEと呼ばれていた頃からのドップリこっち人間。
色んな作品に嵌ってきたけれど、今は新田先生の作品、
とりわけ春抱きが生活の中心。
好きな声優さんは一杯いますが、現在のマイブームはやはり森川さんや三木さん。
関俊さんは20年以上のファン。

画像は我が家の春抱きドール達♥

★すふろーぐ★2008.5.14開設

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
バナー
 直リンクはご遠慮下さいませ

All About Nitta Youka
新田祐克先生の公式サイト
QRコード
QRコード
ブログ内検索